円錐角膜の治療方法

円錐角膜の治療方法

円錐角膜の治療法としては、ハードコンタクトレンズの処方が一般的です。

ただし、ハードコンタクトレンズの処方は、あくまでも視力の矯正を目的としていますので、円錐角膜の進行を止めるものではありません。

また、コンタクトレンズの装用が、逆効果になる場合もありますので、眼科専門医に相談しながら経過を観察していく必要があります。

かつては、進行を抑える有効な治療法がなかった円錐角膜ですが、最近では角膜クロスリンキングや角膜リングといった進行を抑える治療法も登場し、円錐角膜の治療ができるようになりました。

 

〇ピギーバック

円錐角膜が進行すると、角膜の薄くなった部分とコンタクトレンズが擦れることで、強い痛みが生じることがあります。

この場合は、角膜とハードレンズの間にソフトレンズを挟むピギーバックという処方方法があります。

 

〇円錐角膜専用のハードコンタクトレンズ

最近では、レンズの内側を角膜の形状に合わせた円錐角膜専用のコンタクトレンズも登場しています。

ただし、あくまでも視力の矯正が目的となりますので、完全に円錐角膜の進行を止めることは期待できません。

 

〇角膜クロスリンキング治療

角膜クロスリンキング治療は、円錐角膜の進行を抑える治療法として期待されている治療法のひとつです。

角膜にリボフラビン(ビタミンB2)を点眼しながら安全な波長の紫外線をあてることによって、角膜を構成するコラーゲン線維の結びつきを強くする効果があり、円錐角膜の進行を抑えることが期待できます。

すでに海外では、円錐角膜の有効な治療法として行われていますが、国内ではまだまだ治療が受けられる施設が限られているのが現状です。

 

〇角膜リング

角膜リングは、半弓状の薄いプレートを角膜に挿入することで、円錐角膜によって突出した角膜形状を矯正する骨組みとなり、角膜強度を向上させる効果があります。

また、突出した角膜形状をフラットに矯正する効果もありますので、円錐角膜によって生じた近視や乱視を軽減する効果も期待できます。

角膜形状が矯正されると、困難であったコンタクトレンズの装用も可能となり、視力矯正の選択肢も広がります。

近年では、レーザーで手術ができるようになり、手術の精度も向上していますので、円錐角膜の治療法として注目されています。

日本国内では、角膜リングを受けられる施設が限られていますが、角膜移植という最終手段を回避することができる治療法として期待されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です