円錐角膜について

円錐角膜について

円錐角膜は、角膜(黒目)に起こる非炎症性変性疾患で、角膜の薄くなった部分が眼圧に耐え切れずに円錐状に突出してくる進行性の眼疾患です。

多くは両眼に発症しますが、症状には左右差があります。

円錐角膜の有病率は、1000人から2000人に1人程度と推定されていますが、病気の進行には個人差があり、数ヶ月で進行する場合もあれば、何年もかけて徐々に進行する場合もあります。10代から20代の思春期に発症することが多く、一般的には30歳を過ぎた頃から進行が緩やかになると言われていましたが、最近になって40歳を過ぎても進行することが解ってきました。

 

〇円錐角膜の原因

円錐角膜は、遺伝が原因ではないかと言われています。また、アトピー性疾患を併発しているケースも見られることから、目を擦ることによる刺激が関係しているという見解や、多くが思春期から第二次成長期に発症することから性ホルモンが関係しているという説もあります。

今のところ、明確な原因は解明されていませんが、遺伝的要因と環境的要因が

関連していると考えられています。

 

〇円錐角膜の症状

円錐角膜は、角膜が前方に突出してくるため、「物が二重に見える」「物が歪んで見える」といった症状が現れますが、初期の段階では乱視と診断されることもあります。

症状が軽いうちは、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正することができますが、進行して角膜の突出が強くなると、コンタクトレンズが外れやすくなります。

また、症状が進行すると、角膜の薄くなった部分とコンタクトレンズが擦れることで、強い痛みが生じることがあります。

コンタクトレンズによる視力の矯正ができなくなり、円錐角膜の症状が重篤になると治療法の選択肢は角膜移植しかありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です