円錐角膜の視力矯正

円錐角膜の視力矯正

円錐角膜は、乱視が発生して視力の矯正が必要となります。

初期の段階ではメガネやソフトコンタクトレンズでも視力の矯正は可能ですが、症状が進行するとハードコンタクトレンズによる視力矯正が必要となります。

しかし、さらに症状が進行した場合、薄くなった角膜とハードコンタクトレンズが擦れ、強い痛みが生じることがあり、レンズの装用ができなくなることもあります。

最終的には、角膜移植しか治療の選択肢は無くなりますので、その前に適切な治療を受けることが大切です。実際に、円錐角膜は角膜移植に至る眼疾患の第1位にランクされています。

 

〇視力矯正手術

代表的な視力矯正手術としてはレーシックが有名ですが、円錐角膜と診断された場合は、

レーザーで角膜を削って視力を矯正するレーシックやラゼックは受けることができません。

仮に、円錐角膜の人がレーシックなどの視力矯正手術を受けた場合、さらに角膜が薄くなって円錐角膜の進行を促進してしまう危険性がありますので、レーザーによる視力矯正手術は受けることができません。

 

〇円錐角膜でも受けられるフェイキックIOL

目の中にレンズを挿入して視力を回復させるフェイキック手術は、角膜を削らずに視力を矯正できるため、円錐角膜と診断された方でも手術が適応となる場合があります。

フェイキック手術は、手術後に問題が起きたとしてもレンズを取り除いてしまえば元の状態に戻すことができる可逆性の手術です。

ただし、すべての円錐角膜に対応できるわけではありません。

フェイキック手術で矯正できるのは、メガネで矯正できる範囲までが限界となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です